飲食店に必要な機能┃POSがあれば情報管理が楽になります

レディたち

開業方法を考える

拉麺

自分でラーメン店を営業したいと思っている人はまずどういった方法で、開業したいのか考えてみて下さい。例えば、自分で開発したラーメンを販売するお店を開きたいのか、フランチャイズの独立したお店を開きたいのか決めておく必要があります。オリジナルで考えたラーメンを販売する場合は、それなりのメリットデメリットが発生します。デメリットは、有名なラーメン屋さんではないので客を集めることが難しいことと競争率が高いため、ライバルが沢山いるということです。しかし、成功すれば、季節に関係なく繁盛することができるため年収に期待することができますし、収入も安定します。フランチャイズの場合は、有名な店舗の名前を使うことができるため開業して直ぐに客を集めることができます、メニューも本部が徹底的に研究して開発された物なので、多くの客にヒットするでしょう。しかし、デメリットとしては、独立型ではあるが自分のオリジナル店舗ではないということです。店舗の名前もメニューも最初から決まっているため、創作料理をだすのは厳しい場合もあります。

ラーメン屋を独立して経営したい場合は、まずフランチャイズから挑戦してみて下さい。フランチャイズなら、開業前に研修を受けることができるためラーメン屋を経営したことがない人でも直ぐに挑戦することできますし、マニュアルがあるため営業もスタートさせやすいでしょう。その他にも、フランチャイズの独立開業をした後は、専門アドバイザーが定期的に店舗に来てアドバイスをしてくれるため、売り上げ向上やサービス改善などをする場合に役立てることができます。